経営の現状を知る

もうかる経営を考える

実行する

中期経営計画立案教室(将軍の日)

書面添付

相続あんしんサポートセンター

 

 

経営戦略合宿開催報告

2011年3月24日開催

 

経営者の想いを受け止め7拠点の責任者が集まる!!
今回は、先月ご参加された企業様が、トップダウンではなく、ボトムアップ式で
経営者の想いを汲み取り7拠点ごとにご自分たちで考えて売上計画を立てられました。
上から押し付けられた数字ではなく、ご自分たちで納得しながらの計画を作成されました。

 


なんでこの数字が必要なのか?
売上は?原価は?粗利は?経費(変動費・固定費)は?この数字の根拠は?
そのために、自分たちは何をしなければいけないのか?等、等・・・

一日かけて経営計画を作成されました。

 


 計画で一番大切な事は、現在地を知ること、そして方向性や目的が明確であることです。
そのために一旦立ち止まり現在地の確認と、どこへ行こうとしているのかをしっかり考えて頂きます。目的と現状のギャップを埋める戦いが経営そのものですから、社長様が同席された7拠点の責任者の方々の来期の計画作成はまさに真に迫るものがありました。

 

※ 話は、変わりますが東北地方太平洋沖地震は、私たち全日本国民に警鐘を鳴らすかのような、大惨事となりました。
被災に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。そして日本人が本来持ち合わせている、互いを思う気持ちや忍耐力の強さ等、絆を強めて復興への道のりを辿って頂きたいと心から願っています。


 本日(4月13日)付けの産経新聞で桜井良子氏の、政策による人災との記事が掲載されていました。今後原発問題も含めた復興への厳しい戦いが続くことと思われます。
 その中で今、私たちにできる事はまず自分の足元を見据え、一隅を照らす事だと強く感じます。自粛ではなく元気であること前向きな行動を示す事。それが、活力ある日本の再生に繋がることと信じています。

 バブル崩壊・サブプライム・リーマンショックと、もうすでに遠い話のようですが、すべての常識が壊れた今経営者は常に最悪の事態に備えた計画を再度練り直す必要があると強く感じます。
 永続可能な企業体質を作ることに私たちはお力になれればと所員一同強く思っております。
 中小企業の経営者の方、是非経営の道しるべとしての経営計画を立て実践する事をご一緒に考えて参りましょう。

 

 

お問い合せ

 

「将軍の日」は毎月開催しております。
社長様のお困り事の解決へ向け、私たちにお手伝いさせてください!

株式会社 緒方会計事務所 / 緒方税理士事務所
〒810-0042福岡市中央区赤坂1-10-23  グレースイン赤坂6F
TEL 092-731-8484 / FAX 092-731-8488

 

お申込み